キャンセル 保存
保存 HTMLを開く 画像 キャンセル
西武新宿線「上石神井」「上井草」駅より徒歩11分いのち本来の力を取り戻す幸せの知恵「Herbal Ayurveda (ハーバルアーユルヴェーダ)」ブラフヤヨイ公式サイト
  • 毎回楽しくて、あっという間に終わっちゃった~!って感じです。 学べば学ぶほど、どんどん興味がわいてきてしまいます(笑) 続きを読む…
  • 自分のことを理解する様になると、毎日の心と体がキラキラし出すなぁと今回の学びと日々の実践で体感しました!続きを読む…
  • ヨガと同時期に学んでいることによって、同じ言葉も多く、予習、復習になって、それも良かったです。続きを読む…
  • ヨガやアーユルヴェーダの実践によって 本当に少しずつですが変化を感じていて楽しいです(^ ^)続きを読む…
  • やよいさんの話はほんとにわかりやすく、 読みかけのアーユルヴェーダの本が納得して読めるようになりました。続きを読む…
  • 難しいイメージの強かったアーユルヴェーダを楽しく学ぶことができました。続きを読む…
  • 実践してみて、その凄さに驚く日々でした。体調を崩すことが少なくなり、 不調なときも酷くならずにすんでいます。続きを読む…
  • 思い切って受講してよかったです^ ^とても楽しくて早かったなぁと 新しいこと学びが発見でして嬉しかったです。続きを読む…
  • ガネーシャの心地よい空間...!神聖な印象と温かさがあって、 サットヴァライトが勝手に光っちゃう気がするお家でした(^^)続きを読む…
  • アーユルヴェーダの面白さと深さに触れられ、 とても有意義な時間を過ごさせて頂きました。続きを読む…
  • アーユルヴェーダを学び始めてから、いろいろな人の縁が拡がっているようで不思議です。続きを読む…

 

秋の身体の痒みには

 

 

秋 アーユルヴェーダ

 

 

気温、湿度、気圧の変化が激しい秋。

 

変化や動きを象徴する風のエネルギー・

VATA(ヴァータ)があがります。

 

 

 

そして夏の間に体内に溜め込まれている火のエネルギー。

 

秋の暑い日や乾燥の強い日には、風にあおられて、

火が燃えすぎてしまうこともあります。

 

 

*アーユルヴェーダの体質理論は

http://ayurveda-ganesha.jp/10063.aspx?

 

 

 

 

 

この時期、火のエネルギーの影響で、

皮膚に赤みが表出したり、

赤い発疹ができて痒くなる方もいます。

 

 

秋の暑い日に、皮膚に赤みを伴う痒さのでやすい方は、

身体を冷やしすぎないけれど、

やさしく熱を冷ますように工夫しましょう。

 

 

 

熱は冷ましたいけれど、

冷えると風のエネルギーも上がってしまうので、

工夫が必要。

 

 

 

例えば、身体をやさしく冷ますハーブやスパイスを

温かいお茶で飲むこともおすすめです。

 

 

コリアンダーやフェンネルなどのスパイスや、

ミントやローズなどのハーブティーも。

 

 

そしてなるべくゆっくり時間を確保したいですね♪

毎日のリラックスタイムを大切にすごしましょう。

 

 

 

 

アーユルヴェーダのセルフケアで有名な

ごま油でのマッサージは、

身体に赤みのでているときは控えましょう。

 

赤みと痒みが増す場合があります。

 

 

 

 

心と身体に

穏やかで静かな時間を♪

 

 

ハーバルアーユルヴェーダ Herbal Ayurveda

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

ぴったりの薬草オイルを選ぶ お客様の『今』にぴったりの薬草オイルを選ぶ。 ‥ 続きを読む
温まる・ホッとするスパイスたっぷりチャイ スパイスがたっぷり効いたチャイは、‥ 続きを読む
心身浄化には『緩む』ことが大切 久しぶりにしっかりと緩みました。 ‥ 続きを読む