キャンセル 保存
保存 HTMLを開く 画像 キャンセル
西武新宿線「上石神井」「上井草」駅より徒歩11分いのち本来の力を取り戻す幸せの知恵「Herbal Ayurveda (ハーバルアーユルヴェーダ)」ブラフヤヨイ公式サイト
  • 毎回楽しくて、あっという間に終わっちゃった~!って感じです。 学べば学ぶほど、どんどん興味がわいてきてしまいます(笑) 続きを読む…
  • 自分のことを理解する様になると、毎日の心と体がキラキラし出すなぁと今回の学びと日々の実践で体感しました!続きを読む…
  • ヨガと同時期に学んでいることによって、同じ言葉も多く、予習、復習になって、それも良かったです。続きを読む…
  • ヨガやアーユルヴェーダの実践によって 本当に少しずつですが変化を感じていて楽しいです(^ ^)続きを読む…
  • やよいさんの話はほんとにわかりやすく、 読みかけのアーユルヴェーダの本が納得して読めるようになりました。続きを読む…
  • 難しいイメージの強かったアーユルヴェーダを楽しく学ぶことができました。続きを読む…
  • 実践してみて、その凄さに驚く日々でした。体調を崩すことが少なくなり、 不調なときも酷くならずにすんでいます。続きを読む…
  • 思い切って受講してよかったです^ ^とても楽しくて早かったなぁと 新しいこと学びが発見でして嬉しかったです。続きを読む…
  • ガネーシャの心地よい空間...!神聖な印象と温かさがあって、 サットヴァライトが勝手に光っちゃう気がするお家でした(^^)続きを読む…
  • アーユルヴェーダの面白さと深さに触れられ、 とても有意義な時間を過ごさせて頂きました。続きを読む…
  • アーユルヴェーダを学び始めてから、いろいろな人の縁が拡がっているようで不思議です。続きを読む…

 

便秘でお悩みの方へ

 

便秘の原因は、食事や睡眠、嗜好(しこう)品の摂取、

不安ごとや怒りなど、毎日の生活のあちこちにあります。

そして便秘は体調や肌トラブルを悪化させるため、

できるだけ早く解消したい悩みですね。

 

一口に便秘といっても、その症状は様々です。
 

便秘に効くと言われるものを試しても

逆効果になることもあります。


まずは、今の自分の便秘のタイプを知り、

それに合わせた対策を行いましょう。

 


 

①ねっとりと重たいタイプの便秘

 

 

 

便が出にくく、出てもねっとりとトイレの水に沈む重さがあり、出きった感じがしない。臭いがきつい。

 

 

 

②コロコロ便でガスがたまっているタイプの便秘

 

 

 

便が出にくく、出てもウサギのふん状のコロコロと乾燥している便で、下腹部はガスがたまっていて張りがある。

 

 

 

ねっとりと重たいタイプの便秘


 

原因


いわゆるベタベタ便は腸内のアーマ(毒素)蓄積が原因です。

 

食べ物は、消化力の低下や食べすぎにより、
ちゃんと消化ができずに

体内に残りとどまってしまうことがあります。


この未消化物がアーマです。

 

なんとか排便しても、

ベタベタして出きった感じがしない、
 

そんな便秘の時は、

腸の管にアーマがねっとりと付着し詰まった状態です。


 

 

管内のあちこちにアーマがたまっているので、

排せつ物の運搬が妨げられています。

 

便は出にくく、出てもねっとりと臭いが強く、

おなかには重さが残ります。



 

改善策


 

まずはアーマ(毒素)がたまらない生活を心がけましょう。
 

そのためには、消化力を高めることが大切です。

 

  • 食事は腹7~8分目にする。
     
  • 朝一杯のおさゆを飲む。
     
  • 消化に軽い食事を心がける。
     
  • 消化力を高めるスパイスを摂る。


     
消化を助けるお助け食

 

 

消化力 アーユルヴェーダ

 

作り方、食べ方の詳細は→

http://ayurveda-ganesha.jp/10085.aspx

 

 

★おさゆにレモン汁と岩塩少々を加えて飲む。

 

アーマの蓄積が進んでいると感じるときには、
1日の食事を野菜スープや新鮮な野菜ジュース、
そしておさゆなど液状のもののみにして、
消化に使うエネルギーを休ませましょう。



 

コロコロ便でガスが溜まっているタイプの便秘

 
原因

 

コロコロ便の原因は、腸内でのヴァータの増加です。
 

*ヴァータとは→http://ayurveda-ganesha.jp/10063.aspx?

 


ヴァータの特徴は、乾燥・不規則性・冷たさ・動きです。

ヴァータが増加すると、腸内は乾燥し水分が足りなくなります。

水分が少なくなった便は排出が難しくなります。
 

また、ガスが発生するため腹部が張り、

腸内の働きが不規則になります。

便は、出てもウサギのふんのようなコロコロした形です。

 

 

 
改善策

 

  • 温かくしっとりとしたものを食べる。
     
  • 良質の油を使う。
     
  • 3食を規則的に。
     
  • ゆっくりとよくかむ。
     
  • 身体を温めるスパイスを摂る。



    ?

 

消化を助けるお助け食

 

 就寝前、ホットミルク1杯にギー小さじ半分を加えてのむ。

 

ギー アーユルヴェーダ

 

ギーの作り方は→http://ayurveda-ganesha.jp/10086.aspx



★ガスの発生をおさえるスパイスには、
アジョワン、ヒングなどがあります。
おなかにガスをつくりやすい豆や芋料理のときに、
少量を加えるといいでしょう。





 

ハーバルアーユルヴェーダ・ブラフヤヨイ

 

 

 

RECOMMEND

ぴったりの薬草オイルを選ぶ お客様の『今』にぴったりの薬草オイルを選ぶ。 ‥ 続きを読む
温まる・ホッとするスパイスたっぷりチャイ スパイスがたっぷり効いたチャイは、‥ 続きを読む
心身浄化には『緩む』ことが大切 久しぶりにしっかりと緩みました。 ‥ 続きを読む