キャンセル 保存
保存 HTMLを開く 画像 キャンセル
西武新宿線「上石神井」「上井草」駅より徒歩11分いのち本来の力を取り戻す幸せの知恵「Herbal Ayurveda (ハーバルアーユルヴェーダ)」ブラフヤヨイ公式サイト
  • 毎回楽しくて、あっという間に終わっちゃった~!って感じです。 学べば学ぶほど、どんどん興味がわいてきてしまいます(笑) 続きを読む…
  • 自分のことを理解する様になると、毎日の心と体がキラキラし出すなぁと今回の学びと日々の実践で体感しました!続きを読む…
  • ヨガと同時期に学んでいることによって、同じ言葉も多く、予習、復習になって、それも良かったです。続きを読む…
  • ヨガやアーユルヴェーダの実践によって 本当に少しずつですが変化を感じていて楽しいです(^ ^)続きを読む…
  • やよいさんの話はほんとにわかりやすく、 読みかけのアーユルヴェーダの本が納得して読めるようになりました。続きを読む…
  • 難しいイメージの強かったアーユルヴェーダを楽しく学ぶことができました。続きを読む…
  • 実践してみて、その凄さに驚く日々でした。体調を崩すことが少なくなり、 不調なときも酷くならずにすんでいます。続きを読む…
  • 思い切って受講してよかったです^ ^とても楽しくて早かったなぁと 新しいこと学びが発見でして嬉しかったです。続きを読む…
  • ガネーシャの心地よい空間...!神聖な印象と温かさがあって、 サットヴァライトが勝手に光っちゃう気がするお家でした(^^)続きを読む…
  • アーユルヴェーダの面白さと深さに触れられ、 とても有意義な時間を過ごさせて頂きました。続きを読む…
  • アーユルヴェーダを学び始めてから、いろいろな人の縁が拡がっているようで不思議です。続きを読む…

 

簡単に身につく『美人習慣①』

 

 

サロンに足を運んでくださるお客様は、

美しく、若々しい方ばかりです。


 

美しい人は、毎日の生活の中で、

簡単な美人習慣を積み重ねています。





アーユルヴェーダの教えには、

『健康的に美しくなる生活習慣』

がいくつもあります。




仕事・残業・子育て・家事・食事作り、など、

忙しい毎日を送っているお客様たち。



定期的に自分のケア時間を作って、

疲れを蓄積させないよう工夫されていますが、


毎日、まとまった自分ケア時間を取ることは、

ハードルが高そうです。



そんな忙しい方も
簡単に続けることができている

美人習慣がいくつもあります。

 

その中でも最も簡単に習慣となる
『朝一番の白湯飲み』

 

白湯

起きたての体を浄化するように、

白湯が身体を通る心地よさは、やめられません。
 

  • 便秘がなくなった
  • お肌の調子がいい
  • 体が温まる



白湯飲み習慣を始めたお客様からの

お声を聞いて、良さを再確認。


味のない飲み物が苦手と言っていたお客様も、

すぐに癖になったようです。


白湯は、体調がいい時には、美味しく感じます。



普段より不味く感じる時は、
食べ過ぎ、胃腸の不調の場合も。


体調チェックにもなりますね。


胃腸の働きを整える効果もあります。



 

お白湯の温度は?



まずは、


『美味しい!』と感じることが大切。



私の場合(高体温です)は、
夏は常温、冬は60℃くらいです。



この時期は温かい白湯が体内を温めてくれます。
お腹もポカポカして気持ちいい。




アーユルヴェーダでは、水を火でしばらく沸かして冷ますことで、

風・火・水のエネルギーのバランスを整えるお白湯ができる、
とよくいいます。



が、我が家の水はそのままが美味しいと感じるので、
夏はそのまま飲んでいます。



この時期は、長めに湧かしています。

部屋の乾燥が、蒸気で潤うことも嬉しい♪



 

毎朝の自分のための時間




寒い時期、温かい白湯をゆっくりと、

体をお掃除するイメージで飲む。



浄化されていく感覚を味わう時間。


自分の体を大切にケアする時間。



朝一番に、自分の体と対話する。


短時間で簡単にできる、素敵な美人習慣です。




 

ハーバルアーユルヴェーダ・ブラフヤヨイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

寒い時期のダイエットのこつ アーユルヴェーダでは、『消化力』は健康の要です。‥ 続きを読む
Ayurveda Natural Beauty ワークショップ 季節の変わり目の‥ 続きを読む
夢を叶える身体 2018年のやりたいこと、願い、 夢や目標はありますか? ‥ 続きを読む