キャンセル 保存
保存 HTMLを開く 画像 キャンセル
西武新宿線「上石神井」「上井草」駅より徒歩11分いのち本来の力を取り戻す幸せの知恵「Herbal Ayurveda (ハーバルアーユルヴェーダ)」ブラフヤヨイ公式サイト
  • 毎回楽しくて、あっという間に終わっちゃった~!って感じです。 学べば学ぶほど、どんどん興味がわいてきてしまいます(笑) 続きを読む…
  • 自分のことを理解する様になると、毎日の心と体がキラキラし出すなぁと今回の学びと日々の実践で体感しました!続きを読む…
  • ヨガと同時期に学んでいることによって、同じ言葉も多く、予習、復習になって、それも良かったです。続きを読む…
  • ヨガやアーユルヴェーダの実践によって 本当に少しずつですが変化を感じていて楽しいです(^ ^)続きを読む…
  • やよいさんの話はほんとにわかりやすく、 読みかけのアーユルヴェーダの本が納得して読めるようになりました。続きを読む…
  • 難しいイメージの強かったアーユルヴェーダを楽しく学ぶことができました。続きを読む…
  • 実践してみて、その凄さに驚く日々でした。体調を崩すことが少なくなり、 不調なときも酷くならずにすんでいます。続きを読む…
  • 思い切って受講してよかったです^ ^とても楽しくて早かったなぁと 新しいこと学びが発見でして嬉しかったです。続きを読む…
  • ガネーシャの心地よい空間...!神聖な印象と温かさがあって、 サットヴァライトが勝手に光っちゃう気がするお家でした(^^)続きを読む…
  • アーユルヴェーダの面白さと深さに触れられ、 とても有意義な時間を過ごさせて頂きました。続きを読む…
  • アーユルヴェーダを学び始めてから、いろいろな人の縁が拡がっているようで不思議です。続きを読む…

 

夏の体力低下を防ぐ食事法

 

食事の比率 アーユルヴェーダ

 

 

 

体力が低下しやすい夏。
 


食べ物の質も大切ですが、
食べたものをいかに身体の栄養にするかが大切です。

 

 

どれだけ滋養豊か栄養豊富な食べ物をいただいても、

消化できなかったら逆効果。

 

 

アーユルヴェーダでは消化できずに溜まってしまったものが、

不調の原因と考えます。

 


消化力に見合った質、量、そして食べ方で、
夏の体力低下を予防できます。

 

 


消化の火を上手に保つ食事割合の目安は、

 

 

三分の一、固形物。

三分の一、液体物。

三分の一、空間。

 


腹7分ほどになってしまいますが、


お腹いっぱいになるまで食べたい方は、
まずはよく噛むようにしましょう。

いつもの倍の回数を噛む、食事の味を楽しみ時間をかける

などの工夫が、消化を助けてくれます。

 

 

 

Herbal Ayurveda ハーバルアーユルヴェーダ

 

 

 

RECOMMEND

楽しみにしていたこと 数日前から、 上半身を前に倒す姿勢が楽に‥ 続きを読む
秋冬に常備したいスパイス① カレーに入れるスパイスとして有名な『ター‥ 続きを読む