キャンセル 保存
保存 HTMLを開く 画像 キャンセル
西武新宿線「上石神井」「上井草」駅より徒歩11分いのち本来の力を取り戻す幸せの知恵「Herbal Ayurveda (ハーバルアーユルヴェーダ)」ブラフヤヨイ公式サイト
  • 毎回楽しくて、あっという間に終わっちゃった~!って感じです。 学べば学ぶほど、どんどん興味がわいてきてしまいます(笑) 続きを読む…
  • 自分のことを理解する様になると、毎日の心と体がキラキラし出すなぁと今回の学びと日々の実践で体感しました!続きを読む…
  • ヨガと同時期に学んでいることによって、同じ言葉も多く、予習、復習になって、それも良かったです。続きを読む…
  • ヨガやアーユルヴェーダの実践によって 本当に少しずつですが変化を感じていて楽しいです(^ ^)続きを読む…
  • やよいさんの話はほんとにわかりやすく、 読みかけのアーユルヴェーダの本が納得して読めるようになりました。続きを読む…
  • 難しいイメージの強かったアーユルヴェーダを楽しく学ぶことができました。続きを読む…
  • 実践してみて、その凄さに驚く日々でした。体調を崩すことが少なくなり、 不調なときも酷くならずにすんでいます。続きを読む…
  • 思い切って受講してよかったです^ ^とても楽しくて早かったなぁと 新しいこと学びが発見でして嬉しかったです。続きを読む…
  • ガネーシャの心地よい空間...!神聖な印象と温かさがあって、 サットヴァライトが勝手に光っちゃう気がするお家でした(^^)続きを読む…
  • アーユルヴェーダの面白さと深さに触れられ、 とても有意義な時間を過ごさせて頂きました。続きを読む…
  • アーユルヴェーダを学び始めてから、いろいろな人の縁が拡がっているようで不思議です。続きを読む…

 

上手に汗をかけますか?


上手に汗をかけますか?



私は、汗をかきにくく、

かき始めるととまらなくなる傾向があります。



夏は、体に熱がこもり、頭痛やだるさ、

体の痒さ、発疹などに困っていました。




なかなか汗をかけなくて、

サウナなどでがんばって、


汗をかき始めると、

こんどはなかなかとまらなくなり、

体力を一気に消耗。



グタッとなる(苦笑)



貧血気味の時は、汗をかきすぎて、

次の日寝込むこともありました。



アーユルヴェーダを学びはじめてから、

年々、体温の調節が上手になってきて、


体内に熱がこもることが原因の

頭痛や肌トラブルはほぼなくなりました。




そして適切な量の汗をかけるようになり、

暑い時期の体が楽になりました。



アーユルヴェーダ発汗

適切に汗をかくことは

体温調整にとても大切です。




肌の代謝もスムーズになり、

顔色も肌ツヤも良くなります。




ちょうどいい汗をかけるようになるために、

私が心がけていること。



まず私の場合は、熱がこもりすぎてから、

無理やりかくと止まらなくなるようです。




なので、熱をため込みすぎないような

食事内容、量にすることが基本。




そして、かなり暑い夏が始まる前、

まさに今なのですが、


上手に汗をかける状態になっているかの

確認をします。




私の場合、熱がこもっていたり、

汗の出始めに痒くなるので、

この時期、ちょっと厄介ですが、



適度に汗をかけるようになると、

痒さも早くおさまります。




半身浴や足湯で、

じんわりと汗をかけるように。




汗も上手にかくのはある意味練習。



少しずつ少しずつ汗をじんわりかけるように。




先月、発酵ハーブを使ったハーブテントで、

発酵ハーブを試すために何度か発汗しました。



かなり低温なのに、すぐに汗をかきました。

(かきすぎないようにあるレベルでやめます)



低温だから肌や体力に負担少なく、

痒くならずに汗が出る。


発酵ハーブの力はすごい!と感激しました。

アーユルヴェーダ発汗


この時期に汗を楽にかけるようになると、

夏の体は圧倒的に楽です。




夏に、汗をかきにくくて悩んでいる方、

かきすぎて体力消耗しやすい方は、


ぜひこの時期に

アーユルヴェーダをお試しください。





アーユルヴェーダでは、

アビヤンガ(オイルトリートメント)の後、

発汗法を行うのが通常です。




アーユルヴェーダの薬草オイルは、

温めることによって、

肌から浸透する性質を持っています。




身体を温めて代謝を高めることで、

薬草の力が体内の隅々へ届きます。



細胞を元気にし、

老廃物排出の手助けもします。




発汗方法は、様々あります。




Herbal Ayurvedaのメニューの発汗法には、



ハーブサウナやよもぎ蒸しなどの

スチーム発汗(ハーブの種類は体質で調整しています)、

 

シートでのドライ発汗、ハーブボールを使う発汗、

などがあります。




Herbal Ayurvedaでは、

トリートメント前に、カウンセリングを行い、
 

適切な発汗法、量、時間も考慮して、

メニューをお選びいただきます。

 


 

ハーバルアーユルヴェーダ・ブラフヤヨイ

 

 

 

 
Herbal Ayurveda最新情報

*詳細を知りたい箇所をクリックしてください。
 

 

6月のワークショップ

 

 

 

 

RECOMMEND

体質別スイーツ作り アーユルヴェーダ基礎講座Level2が、 ‥ 続きを読む
アーユルヴェーダセラピストになりたい方へ 先日、Herbal Ayurveda(‥ 続きを読む
物語を味わうことで効果が高まる 使うもののストーリーを味わうことで、 ‥ 続きを読む