キャンセル 保存
保存 HTMLを開く 画像 キャンセル
いのち本来の力を取り戻す「幸せの智恵」をお伝えしています♪ ハーバルアーユルヴェーダの ブラフ弥生です。
東京都小平市花小金井
詳しい住所はご予約後にお伝えします。
info@ayurveda-ganesha.jp
西武新宿線「花小金井」駅よりバス9分
西武池袋線「東久留米」駅よりバス14分
JR中央線「武蔵小金井」駅よりバス20分
営業時間:10:00~21:00
不定休
              詳細はこちら
  • 毎回楽しくて、あっという間に終わっちゃった~!って感じです。 学べば学ぶほど、どんどん興味がわいてきてしまいます(笑) 続きを読む…
  • 自分のことを理解する様になると、毎日の心と体がキラキラし出すなぁと今回の学びと日々の実践で体感しました!続きを読む…
  • ヨガと同時期に学んでいることによって、同じ言葉も多く、予習、復習になって、それも良かったです。続きを読む…
  • ヨガやアーユルヴェーダの実践によって 本当に少しずつですが変化を感じていて楽しいです(^ ^)続きを読む…
  • やよいさんの話はほんとにわかりやすく、 読みかけのアーユルヴェーダの本が納得して読めるようになりました。続きを読む…
  • 難しいイメージの強かったアーユルヴェーダを楽しく学ぶことができました。続きを読む…
  • 実践してみて、その凄さに驚く日々でした。体調を崩すことが少なくなり、 不調なときも酷くならずにすんでいます。続きを読む…
  • 思い切って受講してよかったです^ ^とても楽しくて早かったなぁと 新しいこと学びが発見でして嬉しかったです。続きを読む…
  • ガネーシャの心地よい空間...!神聖な印象と温かさがあって、 サットヴァライトが勝手に光っちゃう気がするお家でした(^^)続きを読む…
  • アーユルヴェーダの面白さと深さに触れられ、 とても有意義な時間を過ごさせて頂きました。続きを読む…
  • アーユルヴェーダを学び始めてから、いろいろな人の縁が拡がっているようで不思議です。続きを読む…

汚れた布は美しく染まらない

 

汚れた布は、洗濯をして汚れをとってからでないと、
美しく染まりません。

アーユルヴェーダの有名な言葉です。



『この症状を治すハーブやスパイスはありますか?』

『この症状を治すために何かできることはありますか?』


などのご質問をいただくことがあります。

 

 

*ハーバルアーユルヴェーダは、治療機関ではありませんので、

症状を治療する行為もアドバイスも行えません。

が、例えば目が疲れた時に、

ローズウォーターをコットンに浸して、目の上に置くと楽になる。

などの、アーユルヴェーダの生活の知恵はお伝えできます。

 

 
体にいいものを探すよりも


 

多くの人は、減らすことよりも、

体にいいこと、いいものはないか探しています。

今の状態を良くするサプリメントや食品、

ストレッチ法、お助けアイテム、痛みを緩和するスパイスなどなど。


 

体にいいものを取り入れる前に、
今の生活の中で余計なことをしていないか、

まずは考えてみましょう。



入れるよりもまず減らす方が、

大抵の場合は結果が早いものです。



 

アーユルヴェーダのトリートメント


アーユルヴェーダの

「汚れた布は美しく染まらない」と言う言葉は、

アーユルヴェーダの毒素排出・浄化法を表しています。


薬草オイルでのトリートメント「アビヤンガ」は、

ただオイルで保湿しほぐしている訳ではありません。


毒素排出を促し、体内浄化を促進しています。
 

毒素が溜まった体に、
どれだけ優れた美容エキスを入れたとしても

浸透はしません。


 

浄化された身体に入れるからこそ、

美容成分が細胞の隅々まで行きわたります。


毎日の生活で毒素のたまりにくい生活習慣を心がけてい人が、

定期的にアーユルヴェーダトリートメントを受けると、
健康と美容が維持促進され続けます。


 

これが最高のアンチエイジングです。


掃除に例えると、
 

日々の片付け習慣とゴミ捨てと軽い掃除(毎日の生活習慣)、

定期的な拭き掃除(トリートメント)で、

お部屋はいつでも美しい状態です。



 

まずは余分を減らしましょう


何か改善したいことがある場合は、

まずは生活の中でその原因となることを減らす方が先です。

 

例えばダイエットをしたい人が、暴飲暴食をそのままに、
痩せるサプリメントやドリンク剤を飲むよりも、

食事量をほんの少し減らした方がいいかもしれません。


頭痛がひどくイライラが止まらないのならば、

まずは毎晩のお酒を控えてみたら改善されるかもしれません。



食事に関しても、

合わないものを食べていたり、食べ過ぎていた場合、

それを控えた途端に調子が良くなることもあります。



そんな時は、なんとなく、
 

「もしかして〇〇が合わないのかな?」

「〇〇を食べ過ぎているかな?」

など思い当たったり感じている場合が多いです。
(食後になんとなく胃が重いなど。)

まずは3週間ほど1食品をやめてみて、

体調に変化があるかどうか様子を見てもいいかもしれません。



 

自分の体質を知る、自分に合う・合わない生活習慣を知って活かして、自分らしく輝く生き方をするために、
アーユルヴェーダの基礎理論はとっても役立ちます。
アーユルヴェーダ基礎オンライン講座
https://www.ayurveda-ganesha.jp/20206.aspx

 

 

 

RECOMMEND

モリンガ白玉おしるこ 寒い季節の定番スイーツ『おしるこ』。 我が家では朝ごはんにも‥ 続きを読む
お腹のガス対策に! 先日の講座ランチにスパイススープを作りました。 生‥ 続きを読む
便秘でお悩みの方へ(コロコロ便タイプ) 便のチェックは体調管理に欠かせません。 ‥ 続きを読む