キャンセル 保存
保存 HTMLを開く 画像 キャンセル
西武新宿線「上石神井」「上井草」駅より徒歩11分いのち本来の力を取り戻す幸せの知恵「Herbal Ayurveda (ハーバルアーユルヴェーダ)」ブラフヤヨイ公式サイト
  • 毎回楽しくて、あっという間に終わっちゃった~!って感じです。 学べば学ぶほど、どんどん興味がわいてきてしまいます(笑) 続きを読む…
  • 自分のことを理解する様になると、毎日の心と体がキラキラし出すなぁと今回の学びと日々の実践で体感しました!続きを読む…
  • ヨガと同時期に学んでいることによって、同じ言葉も多く、予習、復習になって、それも良かったです。続きを読む…
  • ヨガやアーユルヴェーダの実践によって 本当に少しずつですが変化を感じていて楽しいです(^ ^)続きを読む…
  • やよいさんの話はほんとにわかりやすく、 読みかけのアーユルヴェーダの本が納得して読めるようになりました。続きを読む…
  • 難しいイメージの強かったアーユルヴェーダを楽しく学ぶことができました。続きを読む…
  • 実践してみて、その凄さに驚く日々でした。体調を崩すことが少なくなり、 不調なときも酷くならずにすんでいます。続きを読む…
  • 思い切って受講してよかったです^ ^とても楽しくて早かったなぁと 新しいこと学びが発見でして嬉しかったです。続きを読む…
  • ガネーシャの心地よい空間...!神聖な印象と温かさがあって、 サットヴァライトが勝手に光っちゃう気がするお家でした(^^)続きを読む…
  • アーユルヴェーダの面白さと深さに触れられ、 とても有意義な時間を過ごさせて頂きました。続きを読む…
  • アーユルヴェーダを学び始めてから、いろいろな人の縁が拡がっているようで不思議です。続きを読む…

 

アーユルヴェーダの花粉症対策 

 

私が最初に花粉症を発症したのが

13-15年ほど前になります。

最初の数年は注射を。毎年、薬は手放せずでしたが、

ここ7年ほどは、症状がどんどん軽くなり、

病院に行くこともなくなりました。



アーユルヴェーダを意識して

生活に取り入れ始めてから、ぐんぐん改善。



*私の場合、アーユルヴェーダ生活で、

わかりやすく改善したのが、花粉症と胃腸の調子です。


 

花粉症は早めに対策することが大切。

具体的な対策もですが、

一番大切なのは日々の生活です。

 

 

生活で意識したいこと

 

  • 食べ過ぎない(消化力に見合った食事量)。
  • ほどよい運動。
  • 旬の野菜(苦みや渋みのある野菜)をいただく。
  • なるべく早起きをする。
  • 甘いものを食べ過ぎない。
  • 冷やさない

 

 

 

だるい、重い、眠い、鼻水がよく出る、頭の鈍痛など、

春の不調が出やすい方は特に意識してくださいね。

 

冬の間に溜め込んだものが、雪が解けるように、

春になると溶け出すように症状として出てきます。

 

 

具体的な花粉対策

 

 塩水で鼻を清浄/ジャラ・ネイティ
 

(ジャラ = 水・ネイティ = 鼻)

ヨーガの鼻の浄化法(ネイティ・クリヤ)のひとつで、

塩水で鼻をうがいする方法です。


余計な粘膜を清浄し、更に粘膜を強化します。


鼻の通りが良くなると呼吸が深まりまり、

頭脳明晰になるとも言われています。
 

(やり方)


1. 専用のポッド、もしくは小さなじょうろのようなものを準備します。

こちら私の愛用品



2. 人肌よりやや温かい位のぬるま湯を入れ、

ティースプーン半さじくらいの天然塩を混ぜます


(生理食塩水の濃度で、人肌より冷たくなければ痛みはありません)。

 

3. お顔を少し傾けて、上側の片方の鼻の穴から流します。
  下側の鼻の穴から塩水が出てきます。


4. 反対側も同様に行ないます。


5. ジャラネイティのあとは、カパラバティ呼吸法を行い、

 塩水をだしきります。

 

カパラバティ呼吸法・・
息を吸って下腹部を膨らませて
鼻から「フンッ、フンッ・・」と息を吐きます。
吐くときにお腹がへこみます。


 

鼻のスッキリ度が増し、目の奥の重さもすっきりします。
 

 

 

鼻の穴にオイル。



アーユルヴェーダには、

鼻の穴にオイルを垂らす「ナスヤ」という治療法があります。


肩から上の不快な症状(頭痛、首の凝り、鼻づまりなど)を

緩和させる浄化法の一つ。



ナスヤ用のオイルには、

ギーやセサミオイルをベースとしたものがあり、

片鼻2~3滴ずつ垂らして喉から吐き出します。


塩水鼻うがいの後に、

セサミオイルやギーを綿棒で塗るだけでも、

鼻の粘膜を保護し鼻づまりを緩和します。

 

*ギーについて

https://ayurveda-ganesha.jp/10086.aspx

 

 

ハーブ液での眼洗い

花粉シーズンの目のかゆみに。

眼に付着した花粉は、眼にやさしいハーブ液で洗い流します。


一番のおすすめハーブ液は「トリファラ」の上澄み液です。



トリファラとは、3つの果物という意味で、


・アムラ。

・ハリタキ。

・ビビタキ。


以上が、同じ分量で混ぜ合わされた

アーユルヴェーダでは代表的なハーブミックスです。



*どのドーシャバランスも整えるスーパーハーブ。

食欲や消化の力の調整や便秘解消にも。



目にも良いことで有名です。

アーユルヴェーダの目薬の多くにトリファラが配合されています。


「トリファラ」は手に入りにくいので、

『アムラ』のパウダーをお茶にし薄めたものでも代行できます。



(やり方)



1. トリファラ(またはアムラ)のハーブ粉を、小さじ一杯コップにいれ、熱湯を注ぎます。


2. しばらく置いておくと、粉が下に沈みます(粉が目に入ると痛いのでコーヒーフィルターで濾してもいいでしょう)。


3. 小さなカップに上澄み液をいれ目を洗います(そのあと残った液は、うがいをしたり、飲んだりできます)。


 

ローズウォーターでのアイパック


ローズウォーターを浸したコットンを、

目の上に乗せてしばらく置きます。



花粉の刺激で充血した目を、沈静します。

*ローズウォーターで目を洗うこともできますが、

100パーセントの蒸留水を選ぶことが大切です。

稀に記載されずにアルコールが入っているものもありますので

ご注意ください。


ローズに関する情報はこちらからご覧ください。

https://ayurveda-ganesha.jp/10079.aspx



 

*当サロンで扱っているローズウォーターは100%蒸留水です。

 

 

スパイス摂取

 

トリカトゥ(トリ = 3つの・カトゥ = 辛い)を摂取。

 

トリカトゥとは、ショウガパウダー・黒こしょう・長こしょうを「1 : 1 : 1」で混ぜ合わせたものです。
 

*長こしょうは、沖縄物産展などで「ピッパリ」「ピパーチ」「ひはつ」などの名前で販売されています。



 

消化力を高め代謝アップ。
 

デトックス効果が高く、浮腫がつらいときにも
おすすめのスパイスミックスです。
 

そのままお湯と混ぜたり、
黒こしょうの代わりに料理にいれてもいいですね。



トリカトゥを生蜂蜜と混ぜてなめると美味で、

オススメです。

 

摂取量は、一日小さじ一杯くらいまでがいいでしょう。



トリカトゥの情報はこちらからご覧ください。
https://ayurveda-ganesha.jp/10149.aspx



 

胃酸過多や、ピッタ(火のエネルギー)が過剰なときの、
辛味スパイスの摂取は気をつけてくださいね。

 


 

ガルシャナ

絹の手袋で体を摩擦することで、

血行・リンパ液の流れを促進し、体を温め、

花粉症の原因となるカパエネルギーを軽減します。

ガルシャナ

 

この絹の手袋で体をさする方法

『ガルシャナ』は、アーユルヴェーダ健康法の一つ。



日本の健康法、乾布摩擦は、実はインドからやってきました。


 

足でも手でも、下から上へと、

シャッシャッと音をさせながら、

さすっていきます。


 

体が温かくなり、

心身が軽やかに、動きやすくなります。




 

*上記花粉対策は、体調を見ながら、

合わないと思ったらやめる、かかりつけの医者に相談するなど、

自己責任でお願いします。



 

ハーバルアーユルヴェーダ・ブラフヤヨイ

 

 

 


 

RECOMMEND

アーユルヴェーダの花粉症対策  私が最初に花粉症を発症したのが 13-‥ 続きを読む
便秘でお悩みの方へ 便秘の原因は、食事や睡眠、嗜好(しこう)品の摂取、 ‥ 続きを読む
ピッタ(火・水のエネルギー) ピッタの働き ピッタ(P‥ 続きを読む